MENU

消費者金融の金利のことをまとめました。

消費者金融の金利はズバリ使いやすい、こういうと「本当に?」と思ってしまうかもしれません。金利は、借入額によって20%が最高金利となっています。また利用しやすいのは、借りていた期間だけ利息がかかるからなのです。

 

少し例を挙げてみましょう。
・金利18%(カードローンの最高金利で採用されていることが多いです。)
・10万円をキャッシング
・借入期間は1週間
これで、利息の計算が可能です。金利×借入額÷365日×利用日数=利息となります。0.18×100,000÷365×7=345円(小数点以下切り捨て)ですから、「使いやすそう!」と感じたのではないでしょうか。これをもっと早く返してしまう、例えば週末の2日間だけ借りる、といったことも消費者金融なら可能です。ちなみに2日間だけの利息なら、たったの98円(小数点以下切り捨て)です。

 

大手の消費者金融 口コミを参考にしても、消費者金融では、利用していくうちに信用度が上がる事で、限度額が大きくなることがあります。それに伴って金利も低くなるケースがほとんどです。金利が下がった場合の利息を見てみましょう。
・金利14.5%
・10万円をキャッシング
・借入期間は1週間
0.145×100,000÷365×7=278円(小数点以下切り捨て)となり、また利息が軽減していますね。こちらも利用期間を短くすれば、さらに利息を抑えられることは言うまでもありません。

 

消費者金融は高金利、という先入観があるのですが、こうやって実際に利息をシミュレーションしてみると、「これなら安心して借りられそう。」と感じるのではないでしょうか。利息を支払うことで、損をするような感覚にとらわれてしまう方は多いのですが、週末に利用することでATM時間外手数料よりも低く抑えられる可能性もあります。また、旅行費用などもシーズンによって値段が変わる場合もあります。安い時にサッとキャッシングをして旅行してしまうことで、利息のほうが値段の違いよりも低く抑えられるなら、このほうが確実にお得ということもできます。

 

なにより、キャッシングやローンを上手に使うことで、やりたいことを無駄に我慢したりタイムロスを起こしてしまったりということもなくなります。これからはすぐにキャッシング、というのも納得ですよね。

使いやすい消費者金融の見分け方

消費者金融によって利用方法が違うこともあります。実際に利用してみると、使いやすいかどうかは簡単に分かるものですが、申し込み前にはどんな消費者金融が使いやすいのか分からない場合もありますね。使いやすい消費者金融はどうやって見分けるのがよいのでしょう。

 

・借り入れや返済方法が豊富

利用方法が多いということは、どなたにも使いやすいということが言えるのです。ネットで自分の銀行口座に振り込みキャッシングを受ける方法は、口座の残高不足に対応できます。ATMでの借り入れは、現金を手元にすぐに準備したい時に最適です。返済では、口座引き落としは返済忘れを防ぐことができます。ATM返済は通りかかった時にサッと返済するのにもよいですし、随時返済にもピッタリです。このように色々な方法があり、それを都合に応じて選べるようになっていると、もちろん使いやすいさを感じるでしょう。ただし、利用方法が限定されていても、その方法しか使わないと事前に分かっている場合は、たくさんの方法がない消費者金融を選んでも特に不便は感じないはずです。

 

・サポートがしっかりしている

返済は1度だけなら忘れてしまうということはありえませんが、返済回数が多くなるほどついうっかり、ということも起こります。そうならないためにも、返済サポートがしっかりとしている消費者金融を選んでおくのもおすすめです。返済期日前などにメールを受けることができるサービスがあれば、返済忘れは防げるでしょう。また、契約後も店舗などで相談できる消費者金融もあります。追加借り入れなどの後、返済シミュレーションを見直したい時などにも、相談サポートがある所なら安心感も高いですね。

 

・サービスが充実している

消費者金融のサービスといっても、多岐に渡っています。申し込みの手間をかけず、すばやく借りられるようになるのも一つです。また、ポイントサービスなどがある消費者金融では、お得な利用も可能になっています。プロミスのポイントサービスは、提携ATMの利用手数料に充当できるなど、貯まったポイントに応じて使えるようになっています。他にも、無利息サービスなど、様々な消費者金融が利用者の便宜を図っています。自分ならどのサービスを利用すると使いやすいのか、という基準で借り入れ先選びをするというのもよいでしょう。